せっかくの新築注文住宅を新築状態に保つコツ

新築注文住宅をキレイに保つ秘訣として、私が言いたいことは「床に物を置かない」ということです。新築注文住宅をいつまでも新築状態に保つためだけではなく、部屋の見栄えをスッキリさせるためにも、「床に物を置かない」は心がけた方がいいことです。

新築注文住宅をキレイに保つために、床に物を置かないことは、掃除のしやすさにつながります。やはり、マイホームをキレイに保とうとするのならば、こまめな掃除は欠かせません。週末にまとめて大掃除をするよりも、毎日10分でもいいので掃除を行う方が、格段に家の状態はキレイになります。

埃はこびりつくんです。表現が大げさかも知れませんが、汚れが汚れを呼んでしますのです。ですからまとめての大掃除よりも、毎日のちょっとした掃除の方がキレイさを保つことができると感じます。水回り設備にしても、まとめて大掃除をするよりも、毎日どこかしら一箇所を掃除する方が、労力がかかりませんからね。新築注文住宅を建てるのならば、なんとなくでも心がけることをお勧めします。

家の外観がとても好きです。

自分の家の中で、好きなところとして沢山ありますがその中でもとてもいいのは、なんといっても外観です。その外観を気に入り、家を買ったといっても過言ではないのです。内装については、どの家も注文住宅の場合は変えることができますね。しかし外観に関してはできないので、自分の好みが入ります。
そしてその外観でいいところは、とても重厚な感じがするということです。自分の家なので、そのことがとても自慢です。外観を見たときに、外壁などが頑丈な作りとなっていてそのことが重厚さを示しています。そのため、遠くから自分の家を見たときもその重厚さを感じることができるのはとてもいいです。
そしてもう一つ自慢できるところとして、一階と二階の窓が繋がっているように見えるということです。一つの窓のように外から見たときに見えるのです、そのためその窓がデザインのような感じになっているということですね。実際は、一つの窓なので掃除をする場合などに困ることがありません。

玄関ドアの鍵が3つあるのがいい

私の家の玄関は、重厚な玄関ドアがあるのでそのことが自慢です。玄関というのは、人がでは入りする場所ですね。そのことから、人が見てこの家は安心出来ると思うような玄関ドアにしたいと思っていました。玄関ドアについては、その外観にこだわる人が多いと思いますが鍵についてはそんなにこだわらないことも。私の場合も最初はどうでしたが、やっぱり防犯のことを思って頑丈な鍵を注文することにしました。
そこでできたのは、3箇所に鍵をつけるということです、だいたいどこの家も、2箇所ぐらいは鍵が付いていますね。それにプラスして、3箇所にしました。その3箇所を閉めていれば、とても安心と思うことができます。また窓についても二重窓なので、その点でも安心です。ちょっとのことでは、壊れることがないと思うからです。
そんな細かいところは、案外と気づきにくいことですがやっぱり安心して暮らせる家にしたいと思うと、とても重要なことであると感じています。

PR:ショッピングカート|生命保険の選び方|内職 アルバイト|クレジットカードの即日発行じゃけん|貯蓄|優良サイト順|オーディオ|マッサージのリアル口コミ.com|健康マニアによる無病ライフ|岐阜の木の家専門工務店の注文住宅|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|住宅リフォーム総合情報|お家の見直ししま専科|生命保険の口コミ.COM|工務店向け集客ノウハウ