家づくり中の夫婦ケンカを思い出しムカムカ

家づくりをしている時は、夫婦間でケンカが絶えませんでした。「なんでこの人と結婚したんだろう」と、思うほどに、相手のことが嫌いになりましたね。一生に一度、この先もずっと住むマイホームについての意見が合わないということは、もうこの先の人生だって共に歩んでいくことが難しいように思いました。岐阜で耐震改修リフォームうちの旦那の「一戸建てマイホームに無駄にお金をかけたがるところ」が我慢ならなかったのです。いや、お金はできるだけかからないに越したことはないという意見は、旦那にもありますよ。しかし、旦那のマイホームに関する要望は、ことごとくお金がかかるものばかりなのです。これ、こんだけのものをしようとすると高くなるよ」と、言っても、現実的に受け止めていないのか、自分が折れるということをしないのです。一戸建てにしても優先順位があるじゃないですか。そして削れる限界があるんですよ。ですから他を節約すれば、旦那の要望が通るわけじゃないんです。そのことをわからせるのに苦労しました。やはり信頼できる住宅会社の営業マンに中に入って中立に意見をまとめてもらうことが、いちばんいいような気がします。「聞き入れられないのならば離婚」ぐらいの本気さを見せたら(私の中では真面目に本気)、途端にしおらしくなり、そこからはすごく楽に家づくりを進められましたが。けれど今でも、家づくり当初の夫婦間のぶつかりを思い出してムカムカします。